夜食症候群に要注意!メタボにならない生活を!

2016y05m19d_124907822

 

 
夜遅くに多くの食事をとってしますうことを、夜食症候群といいます。

一日のカロリーのうち25パーセント以上を夜食や夕食でとることをいいます。

 
あまりに習慣化すると、睡眠中に起きて何かたべたくなることもあり、実際に食べることもあります。

体の中の脂肪細胞という細胞が、食欲をコントロールしたりレプチンというホルモンを出して、消化を促進します。

 

 

夜遅い時間に食べることで、レプチンの分泌量が少なくなることで、代謝が低下して肥満になりやすくなります

 
アルコールも注意が必要です。
アルコールは血糖中の糖分を減らすインスリンの作用を強めますので、血液中の糖分が少なくなります。

 

空腹感だけでなく、甘いものや炭水化物を欲するようになってしまいます。

また、血糖状態が睡眠中も続くので睡眠障害になります。

 

 

少しでも改善するために

現代ではコンビ二の発達により、深夜でも食べるものがありつい夜食傾向になりがちです。
食事の時間を早くできないか検討することが大切です。

 

もし夜食をとる場合でも、魚の練り物、豆腐、おでんなどのたんぱく質や春雨やコンニャクなまんぷく感の得やすいものを食べるようにするといいですね。

 

食生活を改善しながら、少しでも健康な毎日おくることができるように心がけていきたいものですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です