借金しないという親孝行もある

東京で債務整理

東京で債務整理

やはり人間はほどほどにするべきなのかなと思いましたね。何のことかと言うと、学歴に関してです。私の息子の同級生だった子に、大学進学から大学院進学まで行った子がいます。私の世代では大学院なんて選ばれた存在しか行けないような所でしたから、末は博士か大臣かなんて思っていましたね。

ところが、息子は冷めた感じでその子を見ていたのです。息子曰く「あいつは働きたくないから大学院に進学しているだけ」らしいのです。勉強をしたいから大学院に進学するのではなく、就職をしたくないから大学院に進学するとは考えもしませんでした。しかし、息子の世代では無駄に大学院に進学をしても就職できないというのが常識になっているようなんですよね。
ちなみにその子は文系。理系であればともかく、文系だと大学院に進学する利点は殆ど無いそうなのです。そして進学するにもタダでは進学できません。当然、お金が必要になってくるわけです。私としてはご両親が捻出したんだろうなと思っていたのですが、何と進学したその子名義の借金だと聞いて驚きましたね。

こうして学生生活が終了し、いよいよ社会へ旅立つ時が来た……と思ったらそうではなかったそうなのです。息子の指摘通り、これといった就職先が見つからずにアルバイトをしているそうなんですよ。せっかく大学院まで行ったのに勿体ないと思うのですが、当人としてはそれ以上に苦しいのが借金返済かなと思うのです。

学費を借金することは自分への投資と思っても良いのでしょうが、それが逃避のための投資では全く意味合いが変わってきてしまいます。実際にその子は借金をして進学をしたわけですが、時給千円程度では借金返済なんてままならないと思うのです。結局は東京で債務整理する羽目になるかもしれません。最初から見切りを付けて社会へ出ればこのようなことも無かったのでしょうが、これも安易に借金が出来てしまう現代だからこその落とし穴なんでしょうかね。

分相応というものを心に刻み、安易に借金までして現実逃避をしてしまうと大変な目に遭ってしまうんだなと思いました。その点、我が息子は安易な借金はしませんし、堅実なライフプランを歩んでいるようです。親としてはそれが何よりですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です